医師会からのお知らせ」カテゴリーアーカイブ

避難所等で体操や運動を指導なさる方々へ

3月11日の災害から1カ月以上が経過いたしました。

皆さま方の多大なるご支援により、仙台市も被災者の方々も復興に向けて歩き始めています。

しかし、被災後早期の段階では気を張って活動していた被災者の方々の中には、徐々に活動が低下してきている人たちがいらっしゃるのも事実です。

中越地震の際には、介護を受けていない一般の高齢者の約3割に歩行の難しさが出現し、6カ月後にも全体の約1割の方は回復が得られませんでした。

これは避難所や仮設住宅を利用した人だけではなく、在宅生活を送った被災者でも生じていました。

これが「生活不活発病」です。

発災後5週間以上が経過し、高齢の方や障害のある方は災害をきっかけとして、日々の生活上での不自由さや困難さが増すことが少なくありません。

特に避難所での生活を余儀なくされている高齢者や障害のある方が歩行困難になったりしないように、仙台市と仙台市医師会では生活機能対応専門職チームと共に「生活不活発病を防ごう」運動を開始しております。

 

大震災後は、①環境の変化のために動けない、②することがないので動けない、③遠慮して動けない、という理由から生活が不活発化します。

体操や運動は大事ですが、そのような場を設けても体を動かさない方は、生活不活発病になる危険性があり、より注意が必要です。

動かない方には動くように働きかけたり、環境を整備したりする必要があります。

動ける方も、より活発に動くように働きかけることが大事です。

このことを知り実践できれば、あなた方は被災者の方々のより大きな資源となりえるのです。

仙台市医師会ではこのたび講演会を企画いたしました。

無料ですので、お気軽にお越しいただき、生活不活発病に関する知識を深め、活動いただければ幸いです。

 

     日時  平成23年4月25日(月)18:00~

     会場  仙台市急患センター2階ホール

     演題  「生活不活発病を防ごう」運動について

     講師  (独)国立長寿医療研究センター生活機能賦活研究部
              部長 大 川 弥 生 先生

※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

地下鉄をご利用の場合
 地下鉄河原町駅下車、北1出口から徒歩3分。(国道を挟んで向かい側)

市営バス・宮交バスをご利用の場合
 舟丁バス停下車。仙台駅方面行バス停から徒歩1分、
 長町方面行バス停から徒歩3分。

参加申込は不要です。直接会場へお越しください。

問合せ先仙台市医師会 電話227-1531

主 催  仙台市医師会・仙台市

仙台市内における医療機関について

仙台市内における医療機関については、条件付診療または通常診療を開始しておりますので、近隣のかかりつけの医療機関を受診してください。

なお、受診される際には通常診療とは異なり、ライフラインの普及状態から受付時間等の変更がありますので、事前にお問い合わせ下さい。

東日本大震災 会長からのメッセージ

 永井会長写真(H23_3_23).JPG                    東日本大震災

会長からのメッセージ

  亡くなられた多くの方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心から御見舞申し上げます。
 大震災から10日が経ちました。あの地震のすごさに肝を潰したのを思い出します。会員の先生方、御家族の皆様、そしてスタッフの皆様如何お過ごしでしょうか。

 3月11日午後2時46分にマグニチュード9.0の大地震、引き続いて想像を絶する巨大津波が東日本を襲った夜、停電の中、会長・副会長を始め理事が集まりました。自家発電があったためパソコンを修復することにより、事の重大さに驚愕しました。さっそく午後11時に市医師会に災害対策本部を立ち上げました。
 同日から瀨野幸治災害担当理事を始め事務局職員が泊り込み、不眠不休でがんばり、情報の収集そして緊急対応に奔走しております。瀨野理事は5日間帰宅する事もできずまさに八面六臂の活躍です。私も連日医師会に常駐し、陣頭指揮を執って参りました。

 大震災の夜に県警から検死の要請があり、かなりの死者が出たことがわかりました。翌12日から理事と連絡がとれた会員にお願いし、グランディでの検死に出動していただきました。私も13日にグランディに赴きました。検死の現場には、おびただしい数の遺体が次々とヘリコプターで運ばれていました。お子さんもおり、思わず涙し合掌しました。

 12日朝には山光札幌市医師会長から連絡があり、13日から十四大都市医師会から続々と応援部隊が入ることになりました。さっそく検死をお願いしました。大変ありがたく思っています。お陰で市医師会は仙台市の医療体制の復旧に全力を傾注できました。
 13日には第1回緊急理事会を開催しました。理事と事務局職員が無事であることを確認し、会員の先生方の無事を祈りました。その後、各地域や各病院、診療所の被害状況などを情報交換し、今後の対応について話し合いました。沿岸部の被害は甚大だが、それ以外の地域の被害はさほどではないと判明したので、次のような方針を立てました。

① できるだけ早く診療所の診療を再開することにより、市全体のかかりつけ機能を復旧させる
② 病院への外来患者集中を避け、負担を軽減し、入院医療に集中してもらう

このように非常時に地域医療をしっかり確保することが、市民の安心感に繋がると結論づけた次第です。

 ライフラインと連絡手段が途絶した中、電気がなくても水が出たら診療を始めていただくよう、会員の先生方にお願いしました。14日には129ヵ所、18日には400ヵ所を超える診療所が診療を再開できたのを、大変うれしく思うとともに力強く感じました。

 現在は避難所への医療支援が重要になっております。多くの会員の先生方が近隣の避難所を巡回していただいていますことに感謝いたします。 私は、青沼副会長、瀨野・阿部災害担当理事らと、宮城野区と若林区の500名から1000名を超える被災者がいる避難所を視察してきました。ほとんどの方は市の沿岸部で全てを無くした方々でした。ある避難所では、地区長の方が「医師会の会長さんが私たちを助けに来てくれた」と紹介してくれたとき大きな拍手がありました。その中には、私がかかりつけの患者さん家族もいて、「生きていてよかった」と手を握り喜び合いました。 市医師会としては、生活環境が劣悪な中で暮している方々の健康管理に万全を期したいと考えております。とくに多くの被災者がいる4つの避難所には市当局と検討し医師を常駐する体制を構築いたしました。十四大都市医師会からの応援部隊、ボランティアの先生、国立病院機構、そしてオープン病院の先生方に御支援いただいております。

 また、市医師会は市当局や各関係団体と緊密に連携し、対応しております。医薬品の流通円滑化、ガソリンの確保等についても鋭意交渉し、確実な情報のみ先生方に提供するよう努力しております。

 これからは、長期戦になりますが、会員の先生方のご協力、御支援よろしくお願い致します。

                                        

                                        仙台市医師会

                                        会長 永 井 幸 夫

長編アニメーション作品「ジュノー」上映会のご案内

「ジュノー」は原爆投下後の広島で尽力したスイス人医師マルセル・ジュノーの生涯を描いたノンフィクション伝記映画です。

原爆投下から間もない広島に15トンの薬品、医療器材を運び、自らも被災者の治療に当たったマルセル・ジュノー博士の功績が二人の少女の目を通して描かれています。

無償の愛をテーマにした感動のストーリーに心動かされ、深く考えさせられる、国を越え人種を越える愛に生きたスイス人医師の生涯を完全映画化したものです。

 

上映日時 : 平成23年2月26日(土)午後3時~ (開場午後2時)

会   場 : 仙台市医師会館・仙台市急患センター2Fホール

         (仙台市若林区舟丁64-12)

          公共の交通機関でのご来場をお願いいたします。

入場無料(満席の際は入場をお断りする場合があります)

配付チラシ.jpg

第33回医家芸術祭のお知らせ

仙台市医師会では会員相互の親睦と、市民との交流を深めるため昭和53年より会員ならびに家族、従業員の絵画、写真、書、水墨画、陶工芸などの作品を一堂に集め「医家芸術祭」として、展示しております。今年も下記の日程で開催いたしますので、是非ご覧下さい。

また、同フロアでは、日本医師会 第11回「生命(いのち)を見つめる」フォトコンテスト入賞作品・宮城県医師会会員有志による作品ジョイント写真展も同時開催しておりますので、あわせてご案内申し上げます。

会期  平成22年11月5日(金)~11月10日(水)

    10:00~18:00(最終日は16:00閉場)

会場  せんだいメディアテーク 5階ギャラリーab

作品  絵画・写真・書・水墨画・陶工芸

 

第33回医家芸術祭のお知らせ-2.jpg

第33回医家芸術祭ポスター3.JPG

 

第32回医家芸術祭のお知らせ

仙台市医師会では会員相互の親睦と、市民との交流を深めるため昭和53年より会員ならびに家族、従業員の絵画、写真、書、水墨画、陶工芸などの作品を一堂に集め「医家芸術祭」として、展示しております。

 
今年も下記の日程で開催いたしますので、是非ご覧下さい。

また、同フロアでは、日本医師会 第10回「生命(いのち)を見つめる」フォトコンテスト入賞作品・宮城県医師会会員有志による作品ジョイント写真展も同時開催しておりますので、あわせてご案内申し上げます。

会期
平成21年11月13日(金)~11月18日(水)
10:00~18:00(最終日は16:00閉場)

会場
せんだいメディアテーク 5階ギャラリーab

作品
絵画・写真・書・水墨画・陶工芸

 

賛助出品
小 崎 隆 雄 先生
小 野    幹 先生
遠 藤 盛 二 先生

遺作出品
阿曽沼 要 先生

 

 

※今回のポスター作品は、小田泰子先生(小田眼科医院)のご協力を得て出来上がりました。

6-1.JPG

「はしか」の予防接種のお知らせ

仙台市医師会から「はしか」の予防接種のお知らせです。

今年の4月から、中学1年生と高校3年生の年齢の人たちを対象とした「はしか」の予防接種が行われています。

これは、去年、若者たちの間で「はしか」が大流行したことから「はしか」の予防接種を1回しか受けておらず、免疫力が弱くなっている、中学1年生と高校3年生相当の年齢の人たちを対象に行われているものです。

「はしか」は春から夏にかけて流行します。夏休み中にぜひ「はしか」の予防接種を受けることをお勧めします。

この予防接種は、今年度から5年間継続され、予防接種にかかる費用はすべて公費で負担されます。詳しいことは、お住まいの市町村の保健担当課か仙台市医師会にお問い合わせください。

詳しくは下記の仙台市のお知らせをご参照ください。

 

中学1年・高校3年の方はこちら  

 http://www.city.sendai.jp/soumu/kouhou/houdou/07/080317kenshin.html

 

未就学児の方はこちら  


http://www.city.sendai.jp/kenkou/hokeniryou/yobou/mashinfushin.html

 

ポスター

仙台産業保健センター

仙台産業保健センターでは事業所や働いている人達の産業保健活動を応援しています!

事業主・衛生管理者・労働者の皆様へ

仙台産業保健センターでは、国(厚生労働省)からの委託を受け、小規模(従業員50人未満)の事業所の事業者や働く人達のために、産業医の要件を備えた医師による夜間・休日の健康指導・健康相談事業所への個別訪問産業保健指導などをおこなっております。

相談内容や指導内容については秘密を厳守しますので、お気軽にご利用ください。
健康相談ならびに個別産業保健指導は予約が必要ですので、専用の申込書を利用し、FAXまたは郵送で仙台産業保健センターへお申し込みください。

健康相談申込書はこちら(PDF)

個別訪問産業保健指導申込書はこちら(PDF)

お問い合わせ先
〒984-0806  仙台市若林区舟丁64-12
社団法人仙台市医師会内仙台産業保健センター  担当:菊地

TEL 022-227-1531   FAX 022-267-5193  (月~金 9:00~17:00)