卒業生・在校生の声

卒業生からの声

看護の楽しさや奥深さを感じることができると思います。

看護学科2学年(42回生)村上百合花さん

看護学科40回生 木村優紀さん

私はこの学校の准看護学科と看護学科を卒業し、現在は循環器病棟で働いています。

学校生活では、年齢も出身地も違う同級生にはじめはとまどう事もありましたが、世代が違うことでさまざまな考え方を学べたり、看護師として必要なコミュニケーション能力も養うことができたと思います。

准看護学科も看護学科もそれぞれ2年間の中で、講義・演習・実習・試験と学ぶことも多く大変ではありますが、毎年盛り上がるスポーツ大会に学校祭などもあり、メリハリのある楽しい学校生活が送れると思います!

また、2年生になると実習と国家試験に忙しくなりますが、先生方は時にお姉さんやお母さんのように精神面・生活面まで親身に寄り添ってサポートしてくださるので、無事乗り越えることができました。 『卒業後も、先生方には看護の先輩として時々相談に乗ってもらっています。この学校での経験や学びが、今病棟での仕事に結びつき、生かされています。』

ぜひ皆さんも頼れる先生方・個性豊かな仲間とともに看護を学んでみませんか。きっと看護の楽しさや奥深さを感じることができると思います。

在校生の声

クラスを超えた仲間との楽しい学校生活が送れます。

准看護学科 63回生 江刺 菜緒

准看護学科67回生 戸田直孝さん

クラスメイトは、いろいろな年代の方がいて経歴も様々です。でも、同じ看護師を目指す仲間としてクラスの枠を超えて友人もできて楽しい学校生活を送っています。

入学当初は、新しい教科書を前に授業についていけるかどうか不安でした。しかし、先生方の手厚いサポートがあり、勉強に打ち込める環境があることに気づきました。先生方との距離も近く、生徒一人一人を親身に見守って下さるので、私たちも頑張れます。

2年生では、臨地実習が主になり実際に患者さんと関わります。観察や援助など自分で考えることが難しい場面もありますが、指導者さんに相談し仲間同士で励まし協力しながら乗り越えようと頑張っています。

新しい校舎で素敵な仲間とめぐり会う機会になります。

准看護学科68回生 小財命さん

私が入学してから数ヶ月経ちます。学校は校舎が新しく、新鮮な気持ちで学ぶことができます。また、遠足やスポーツ大会の行事などもあり、素敵な仲間とめぐり会う機会にもなって毎日楽しく学校に通っています。

話し合う場合には、先生方に頼るばかりでなく、互いに議論し協力し合って答えを導き出し、団結力も高まってきています。

専門的な学習や学内実習は、難しいこともありますが、先生方が優しく指導してくれスキルアップが確実にできます。やがて臨地実習に行くことになりますが、学内で技術を習得して行けるように努力したいと思っています。

あなたの『本気』に応えてくれる学校だと思います。

看護学科43回生 工藤亮輔さん

この学校には幅広い年齢層の学生が在籍しています。

看護師を目指した動機は様々ですが、年齢も学年も越えて『看護師になる』という共通の大きな目標を達成するためにみんな日々、勉強に励んでいます。

学習設備・環境も整っており、昼休みには講堂で体を動かして日頃の運動不足も解消することも可能です。

講義では臨床経験豊富な先生方が実体験も織り交ぜつつ、分かりやすく教えて下さり、学内演習では学生同士、試行錯誤しながら楽しくも真剣に取り組んでいます。しかし、やはり人の健康や命に関わる仕事・・・楽しいだけではなく勉強も実習も大変です。

そのように挫けそうになる気持ちもクラスで共有している物のひとつ。シンドイときには仲間と支え合ったり、先輩方から助言を頂いたり、 先生方にご指導して頂きながら親身に相談にも乗ってくださいます。

決して楽ではありませんが、必ずあなたの『本気』に応えてくれる学校だと思います。 私たちと一緒に看護の難しさと楽しさにどっぷり浸かってみませんか?

・プライバシーポリシー

仙台市医師会看護専門学校

〒981-3112 仙台市泉区八乙女3丁目1-1
TEL:022-772-3193 FAX:022-776-3020

Copyright © Sendai Medical Association. All Rights Reserved.