学校概要 学校長・副学校長挨拶

仙台市医師会看護専門学校学校長 松永弦

仙台市医師会看護専門学校は一般社団法人仙台市医師会によって設立された看護師養成学校です。

その前身は昭和27年に開校された仙台市医師会附属准看護学院であり、昭和50年には仙台市医師会附属高等看護学院も併設され、その歴史を刻んできました。平成25年4月には准看護学院と高等看護学院を統合し、仙台市泉区八乙女の地に仙台市医師会看護学校として新築移転しました。

平成27年には看護専門学校として認可され、現在まで約9,700名の准看護師、約1,700名の看護師を輩出し、仙台市や宮城県の地域医療に貢献しております。「保健・医療・福祉に携わる人としての倫理観を持ち、社会や医療の変化・進歩に対応できる人間性豊かな看護師・准看護師を育成する」ことを教育理念としております。

4階建ての校舎は仙台市北部の交通の要所である地下鉄八乙女駅から徒歩15分の地にあり、緑多き恵まれた環境に位置しています。白い外観の校舎には、基礎看護・成人看護・在宅看護・母子看護などの充実した実習室を備え、また図書室や床暖房付きの講堂兼体育場、視聴覚室、情報科学室などが自慢の一つです。

実習病院や実習施設は仙台市内有数の医療機関にお願いしており、講師陣は医師会会員をはじめ、臨床はもとより看護教育でも活躍されている一流の先生方です。ここ数年間は准看護師試験・看護師国家試験ともに合格率はほぼ100%と良い成績を収めています。

これからの高齢社会の急速な進展により看護ニーズはますます拡大し、看護職の活躍の場は地域医療・保健衛生・福祉・介護領域と多岐に及びます。看護の道を志す意欲に満ちた皆様の入学を心よりお待ちしております。

仙台市医師会看護専門学校副学校長 峯明美

我が国の社会・経済・雇用環境等が急速に変化し、また少子高齢化が進展している現在、人々の健康への指向も多様化しております。このような現状から一人一人の人生観や価値観に寄り添い、確かなケアを届ける看護職への役割期待がますます高まっております。

看護師への道は、決して楽な道ではありませんが、看護職は人のために役立つ、やりがいのある職業の一つです。

本校は、看護に必要な知識・技術の習得のみならず、知識・思考・態度の統合を通して発揮される看護の実践者の育成をめざしております。

看護に関心を寄せ、看護師になる夢と意志のある皆様が、本校の教育理念を理解して、質の高い教育を提供できるこの環境で学ばれることを期待しております。

・プライバシーポリシー

仙台市医師会看護専門学校

〒981-3112 仙台市泉区八乙女3丁目1-1
TEL:022-772-3193 FAX:022-776-3020

Copyright © Sendai Medical Association. All Rights Reserved.